ニュース

筑波技術大学 白岩准教授による視覚障害学生の自主学習についての研究発表が報告されました。

視覚障害学生を対象とした鍼灸師、理学療法士などの医療専門職を養成する筑波技術大学 保健科学部において、医療を学ぶ視覚障害学生の自主学習教材として、准教授 白岩伸子先生による、音声ペンで触れて再生する教材を開発・活用した初年度の研究発表が報告されました。

 

▼研究発表資料(PDF)
医療を学ぶ視覚障害学生の為の「しゃべる」医療教材の開発と有用性の検討

関連記事

2021.11.19
英検®対策ができる音声ペン「オトデルペン」がMakuakeに登場!
2021.09.27
学びに凸凹のある子が輝くデジタル時代の教育支援ガイドにG-Speakが掲載されます!
2021.03.24
筑波大学特別支援教育教材・指導法データベース選集2に音声ペンが掲載!
2020.10.02
大妻女子大学 生田茂教授より、特別支援学校等での音声ペン実践の研究論文が発表されました。
2020.04.22
SITE2020で大妻女子大・生田教授の論文がOutstanding Paper Awardを受賞!
2019.11.21
大妻女子大学 生田茂教授より、特別支援学校等での活用事例集が報告されました。
2019.09.30
朝日新聞にG-Speakが掲載されました!
2019.05.22
音声ペン脳トレ”アタマげんき”の特別動画が公開されました。
2019.04.11
特別支援教育現場での取り組みがwith newsで紹介されました。
2018.11.28
音声ペン脳トレ「アタマげんき」(騒人社)が出版されました。