コラム

3歳児の英語学習の効果とは?英会話教室と自宅学習の組み合わせ

3歳児における英会話教室・英語学習のメリット

3歳児が英会話教室に通い英語学習することで、どんなメリットがあるのでしょうか?

言語習得におけるゴールデンエイジ

子どもはだいたい2歳頃から言葉を覚え始め、3歳頃はさらにどんどん言葉を覚えていきます。身の回りのものを手当たり次第に「これは何?」と聞いて、次々と言葉を学んでいきます。つまり3歳は言葉を覚えるゴールデンエイジで、英語学習にも最適な時期といえます。

英語学習による他の学習への好影響

日本語を覚え始める2歳から3歳のころに英会話を始めたら「日本語など他の学習に悪い影響を与えるのでは?」と心配に思う人もいるでしょう。たしかに日本語をまだしっかり覚えていない段階で英語も学習すると、ある程度の影響は出るかもしれません。しかし3歳の子どもの吸収力は抜群です。多少の影響が出たとしてもそれは一時的なもので、大きな心配は必要ありません。

多言語能力の育成

3歳頃は、言葉を目覚ましく覚えていく時期です。日本語だけではなく、英語などの他言語を学べる環境にある子どもたちは、自然と多言語能力も育成されていきます。

3歳児のための英会話教室の選び方

3歳の子どもが英語を学ぶなら、英会話教室に通うのが一番いいでしょう。子どものための英会話教室は、どんなふうに選ぶべきか見てみましょう。

3歳児の発達段階

2歳から3歳の子どもは、言葉を覚える発達段階にあります。そのため、子どもの発達段階にあわせたカリキュラムがある英会話教室を選ぶことは、とても大切です。子どもの英語力はとても個人差が大きいため、単純に子どもの年齢だけでコースやクラスを分けることなく、それぞれの発達レベルに応じて対応してもらえる英会話教室がいいでしょう。

安全で楽しい学習環境とは

初めて英語に触れる子どもにとって最も大切なことは「英語は楽しい!」と思ってもらうこと。3歳の段階で「英語が嫌い」「英語はつまらない」と思ってしまったら、その後もずっとその影響を引きずることになるでしょう。英会話教室は、子どもが楽しく英語に触れられる環境であることが大切です。

英会話教室選びで確認するポイント

それ以外で英会話教室を選ぶときは、次のようなことをチェックするといいでしょう。

・通いやすい場所にあるか?

・適切な料金か?

・講師の質はいいか?

・サポート体制があるか?

子どもが英会話教室に通うためには、通いやすいロケーションにあり、適切な料金設定になっていることもポイントです。さらにいい講師陣が揃っているか、教室自体のサポート体制はどうかなどを確認するといいでしょう。

3歳の英会話教室での学習内容

3歳の子どもが英会話教室に通うとき、具体的にどんなことを学習するのか見てみましょう。

遊びを通じた英語学習

3歳の子どもたちが英会話教室で行うのは、遊びを通した英語学習が中心です。歌やダンスを取り入れたり、アルファベットを使ったゲームを行ったり、絵本の読み聞かせを行ったりといったことです。子どもは「遊びに行く」感覚で、自然に英語に触れることができます。

聞く・話す力を育む活動

遊びを通して英語を自然に使うため、相手が話している英語を「聞く」力と、相手の言葉に自分で英語で答える「話す」力が自然に身についていきます。つまり英会話教室では、主に子どもの「聞く力」「話す力」が育まれていきます。

【3歳児】自宅での英語学習の進め方

3歳児が英語学習を行うなら、ぜひ自宅での英語学習も取り入れてみましょう。

日常生活で英語を取り入れる

自宅で英語学習を行うといっても、まだ幼い子どもを机に座らせて勉強させようとしても無理があります。日常生活を送るなかで自然に英語に触れさせたり、英語を使ったりする環境を整えることがポイントです。

CDやYouTubeで英語耳を育てる

例えば、CDやYouTubeで英語の音楽をかけるのもいいでしょう。子どもが好きな音楽の英語版をいつも家でかけていれば、子どもは自然と英語で口ずさむようになるはずです。英語で読むおとぎ話を聞かせるなどもいいですね。

英語の動画を見る

英語のアニメなどの動画を見せてもいいでしょう。子どもは、自分の好きな動画を何度も繰り返し見るものです。英語で何度も見ていれば、自然に英語を理解できる力が身についていきます。

英会話教室と自宅学習の効果的な組み合わせ

子どもの英語学習を行うなら、英会話教室に通いながら自宅での学習も取り入れましょう。

教室学習と自宅学習の相乗効果

英会話教室に通うのは、一般的に週に1〜2回程度です。教室での学習は、しっかりカリキュラムが組まれているものなら効果的でしょう。しかし英会話教室に行かない時間は、英語に触れることができません。そこで自宅学習も取り入れることで、子どもが日常的に英語に触れられる環境ができます。そうすることで、さらに英会話教室での学習効果が上がるようになると期待できます。

定期的な振り返り

英会話教室で新しい表現や英単語を覚えたら、それを自宅学習で振り返る時間を設けるといいでしょう。1回話しただけ、耳にしただけでは覚えられませんが、自宅学習でそれを振り返ることで記憶が定着し、しっかりと身についていきます。

親ができるサポート

子どもの英語学習には親のサポートも欠かせません。なかでも大切なのは、子どもを褒めることです。子どもは親に褒められたら喜びます。英語ができたら「よくできたね!」と小さなことでもどんどん褒めてあげましょう。そうすることで親子のコミュニケーションになり、子どものやる気が育っていきます。 また親も「Good morning(おはよう)」「What is that?(あれは何?)」のように、ふだんの会話でも簡単な英語を取り入れてみるといいでしょう。

3歳の英会話教室に行かなくても力がつく!自宅学習についてのよくある質問

最後に、3歳児の自宅での英語学習について、よくある質問とその答えをご紹介しましょう。

3歳児に自宅学習は早すぎますか?

3歳の子どもは、まだ日本語も満足に話せるわけではありません。そのため「英語学習には早すぎるのでは?」と心配する方もいます。しかしその心配は必要ありません。机に座ってがっちりと勉強するのではなく、あくまでも遊びを通して、自然に英語に触れさせることが大切です。もう少し成長してから始める、本格的な英語学習の前に行う準備段階と理解するといいでしょう。そうすることで子どもが「英語って楽しい!」と思い、英語を好きになるきっかけになります。

英語教育における親の役割は?

子どもに英語を学ばせたいなら、親の役割も重要です。普段から日本語を耳にしていれば、子どもは自然に日本語を話すようになるのと同じで、普段から英語を聞いていれば、子どもは英語も自然に覚えていくものです。日常的に英語に触れられる環境を作ってあげることが大切です。子どもが見る動画や聞く音楽は英語を選ぶなどして、英語が当たり前にある環境を整えてあげましょう。

自宅での学習時間はどのくらいが適切ですか?

自宅での英語学習の時間についても気になるところです。「日本人が英語を学習するには、2000時間が必要」という説もあります。例えば1日3時間学習すれば、およそ2年間で2000時間になります。しかしこれにとらわれる必要はありません。日本での生活で、自宅で子どもに1日3時間も英語に触れさせるのは簡単なことではないでしょう。まずは1日15分程度からでもいいですから、英語に触れさせる時間を少しずつ作り、それを継続することから始めていきましょう。

3歳児の英語学習は英会話教室と自宅学習をセットで

「将来はグローバルに活躍してほしい」と、子どもの英語学習に力を入れたいと考える方も多いでしょう。3歳児の英語学習では、英会話教室に行って楽しく英語を使って遊ぶのがおすすめです。さらに自宅での日常の生活でも英語に触れる機会を作っていくことで、英語が当たり前にある環境になります。子どもの英語学習は、英会話教室と自宅学習を組み合わせていくことが効果的です。

関連記事

2024.06.21
3歳児の英語学習の効果とは?英会話教室と自宅学習の組み合わせ
2024.05.15
英会話スクールで子どもの『英語を話す力』は向上するのか?
2024.02.03
早期教育とは?メリットデメリットと幼児教育との違いを簡単に解説
2023.12.01
英語通信教育の選び方やメリットデメリットを解説
2023.10.25
オンライン英会話は子供に効果なし?
2023.09.29
英検対策でおすすめの塾は?
2023.09.05
英検3級のレベルや勉強法を紹介
2023.06.23
英語学童は意味ないって本当?通うメリットや後悔しないための方法とは
2023.06.16
英語を英語で理解するとは、どういうこと?メリットとおすすめの勉強法・教材をご紹介
2023.06.09
リビング学習のメリット・デメリットとは?おすすめレイアウトや環境作りのコツを紹介